安くて手頃な互換インクについて

互換インクがいかに便利かご紹介します

互換インクのメリットとデメリット

意外とかかるプリンターの印刷費用

今や一般家庭にプリンターがあるのは常識になってきました。子ども会のプリントやホームページのプリントアウトなど、使い始めると結構用途の多いことに驚かされます。それだけ便利なものとも言えますが、そこで困るのがインク代です。プリンターは一度買ってしまえば数年は持ちますが、インクは割とすぐ無くなってしまうと感じている人は多いのではないでしょうか。取り付け期限もありますし、使用頻度が少なくてもそれなりの費用がかかります。家庭用であればプリンターは主に数千円から数万円程度で購入することが可能です。一方インクは一度に数千円かかり、日々まめに使う人であれば毎月、または数ヶ月に一度は購入することになります。正規品は非常に高価なので、買い続けることは家計の大きな負担になりますが、そこでオススメなのが安価な互換インクです。大手メーカーの正規品でなくても品質が高いので普通に使うことができますし、保証やサポートも付いて非常に便利な代替品と言えます。

互換インクは家電量販店の店頭で購入することが出来ますが、インターネットでも販売されています。送料はかかりますが欲しいときにすぐ注文できますし即日発送も可能です。また自分のプリンターに対応するタイプの商品も検索で簡単に見つける事が出来るので、お店で探し回る必要もありません。支払い方法も豊富ですし、まとめ買いすることもできるなど、これまで頭を悩ませていたインク購入の負担を軽減することが出来ます。また、常に何かしらのキャンペーンが行われているので、上手に活用すれば、ただでさえ安い商品をよりお得に手に入れることもできるでしょう。

正規品と互換品の違いと注意すべき点

ちなみに互換インクは非常に高品質なものですが、正規品と全く同じというわけではありません。例えばプリントアウトした同じ写真を並べてみたものをデザイナーの方が見ると、やはり微妙な違いを感じ取ることが出来ます。しかしそれでも一般の方からしてみれば、見分けが付かないほどの微々たる違いですので、普段使いの用途であれば心配するほどではないでしょう。また、互換インクは正規品と比べて形状の異なるのが特徴です。形が違うのに使えるのか不安になりますが、販売されているものはきちんとメーカーのプリンターで動作確認をしているものなので、問題はありません。ただ、ごく希に相性の問題で特定の型番のプリンターで使えないこともあります。よって、急ぎの場合は初めての互換インクを使うことはオススメできません。できれば少量のインクを事前に試しておき、問題無ければその商品を使い続けるというのがベストかと思われます。

人気記事ランキング